集合住宅

収益物件を購入して不動産投資|いかに探すかが課題

売却を検討している方へ

模型

売却時の注意点

いくつかの収益物件を保有している方の中には、その売却を検討している方もいらっしゃるでしょう。収益物件の売却をスムーズに行うためには、3つのことに注意をする必要があります。1つ目の注意点が、より高い価格で売却することです。安く売却してしまうと、これまで得てきた家賃収入を大きく傷付けてしまいます。総利回りが大幅に低下する原因となるため、より高く売却できなければなりません。2つ目の注意点が、売却にかかる期間です。一般的な不動産と比較すると、収益物件の売却期間は長期になる傾向があります。売却代金を新たな投資資金としたい方は、機会損失を生む恐れがあるため注意が必要です。3つ目の注意点が、入居者への対応です。収益物件のオーナーが変わる際には、入居者へ通知する必要があります。予想以上に面倒な手間暇がかかるため、予めきちんと対応する必要があります。

不動産仲介業者の選び方

収益物件を売却する際には、3つの注意点を念頭に不動産仲介業者を選ぶことが重要です。より高く売却するためには、複数の不動産仲介業者に査定を依頼しましょう。1億円前後の収益物件であれば、査定額が1000万円も違う場合もあります。総利回りが大きく変動するため、必ず複数の査定依頼をすることが重要です。一括査定サイトを利用することで、効率的に複数の査定依頼を出すことができます。売却にかかる期間を短縮するためには、買取も検討することが重要です。一般的な売却よりも売却価格は低くなる傾向はありますが、数日から数週間で売却を終えることができます。現金化スピードが非常に早いため、売却期間を重視する方は買取業者に連絡を入れましょう。入居者への対応の有無で不動産仲介業者を選ぶことも重要です。不動産管理会社と連携を取ってくれる不動産仲介業者を選ぶことで、入居者への対応の手間を省くことができます。負担を大きく抑えられるため、入居者へ対応してくれるか事前に確認するようにしましょう。

Copyright © 2016 収益物件を購入して不動産投資|いかに探すかが課題 All Rights Reserved.